めたちゃいブログ

metachai.exblog.jp ブログトップ

喫茶店

私の手術ネタも飽きたでしょうから 今日は息抜きに、、、

またまた 今度はなおきんさんのネタから、、、
喫茶店である。
なおきんさんは 近年、人ひとりのコーヒーの消費量2倍にも増えてるのに 個人経営の喫茶店は減って ほとんど絶滅のようになってるのは、わずらわしい人間関係が嫌でそういうヘンコなマスターとかのいる店に人が行かなくなって 店が減少したのではないと考えたようだ。

実は そうではないのです。
減少した答えは、簡単。バブルの地価の上昇に伴う 家賃の高騰で喫茶店経営が不可能になったのです。
今から20数年前から 表参道とかから喫茶店が消え始めたのです。
その当時はコーヒーの価格もうなぎ上りで 1杯500円は当たり前でカフェオーレとかだと平気で1000円近い値段でした。 表参道とかで家賃とかから算出した コーヒー1杯の価格は2000円でなければ やっていけないという結果が出たそうです。しかし、いくらバブルでも2000円のコーヒーを日常に飲んでくれるお客はそうはいないので 結局単価の高い飲食業に鞍替えしてしまったのです。
要するに 昔は持ち家で奥さんが趣味で喫茶店でもやろうというのが 可能だったのですが、コーヒーの価格も上がって家賃も人件費も上がって 肝心のお客が来ないって結果になって そんなことやってられないってことになったのです。
そんな中 不味いコーヒーばっかだったアメリカから 美味しいスタバが進出してきたのです。
バブルがはじけ 不景気な日本ではセルフサービスのドトールが180円のコーヒーで 何とか新しい境地を開いてたのですが、個人店の喫茶店というのは もう 無いに等しい状態でした。
あるとすれば カフェ文化でしょうか。FOBコープとかが走りでしょうかね。
オーバカナルとかデプレカフェとか、、、
カフェは高い値段で勝負できるので 家賃が高くてもある程度はやっていけますからね。
カフェと喫茶店はジャンルが違うと思う。
多分 スタバが成功したのは、味も美味しいですが、あのセルフな店なのに、ユッタリとした空間でちょっと優雅にお茶が出来たからでしょうね。そのために ドトールより少し高い250円。
ドトールはビックリしたそうです。250円であんなにお客が入ってくれるのを証明してくれたから。だから すぐドトールは真似てエクセシオールカフェを始めたのです。
まあ それと ああいうスペースの利用の仕方も日本人が欧米化したのでしょうね。
昔は喫茶店に 人とのコミュニュケーションを取りに行くのが主だったのでしょうが、今はスペースと時間だけを利用するって感じでしょうか。西洋人なんて一日中座ってますからね。
だけど禁煙ってのが とってもアメリカンだよね。(笑)今じゃヨーロッパもだけど。
でも 最近はまた そういう個性を持ったレトロな喫茶店が人気が出てきましたね。
私も仕事場の近所の あるブロガーさんから紹介してもらった喫茶店の常連になりました。
豊富な雑誌を 読み漁ります。。。。(笑)
ちょっと嫌なのは タバコかな、、、、、、何故かそういう喫茶店にはヘビースモーカーが多い、、、、



ブログランキングに登録してみました。
[PR]
by metachai | 2007-11-09 00:01 | 日記
line

旺角のやり直しブログ


by metachai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31