めたちゃいブログ

metachai.exblog.jp ブログトップ

時代に逆行の判決

さっき 京都地裁で時代に逆行する判決が出た。
賃貸住宅の更新料を認める判決だ。
この更新料は、京都と首都圏の約100万戸の賃貸物件に適用されてる とてもローカルな地方慣例である。
今回の事案は 更新料10万円を毎年取っていたので それの返還訴訟なのですが、、、
裁判所は その更新料を家賃の一部と認め返還義務はないと 棄却したのです。

もともと 現代では更新料というものは、消費者保護の立場から考えるとナンセンスで 今回のように家賃の一部と認めること自体が 法的にも問題があると思われます。礼金とか敷金でさえ家賃補充として認められないのですから、、、、
最初から適正な家賃設定にしておけば こんな問題は起こらないのです。
礼金、敷金、更新料、、、これらの悪習を取っ払うように 時代は動いてるのに、、、
これも 自分で家賃を払ったこともない 裁判官の出しそうな判決ではあるが。
なんで こうもバカな判決を出すのか理解に苦しむ。
[PR]
by metachai | 2008-01-30 13:30 | 信用できない職業
line

旺角のやり直しブログ


by metachai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30