めたちゃいブログ

metachai.exblog.jp ブログトップ

水出し茶

d0133047_16503.jpg
d0133047_17033.jpg
d0133047_17974.jpg



先日 一保堂のお茶を頂いたのですが、そのとき 水出しのお茶を飲ませて頂きました。

私の中では、日本茶は熱いものという概念は、絶対的なものだったのですが、、、、

嘉木では、夏場は、氷の入ったグラスを別料金で注文出来ます。

普通(濃く)に淹れたお茶を その氷入りのグラスに入れて 冷やすのです。

しかし、やはりそれでは美味しくないのです。

煎茶も玉露も薄くなって その特徴さえ分らないし、、、、、、、

なもので 日本茶(煎茶、玉露)のアイスは、ダメ!!!って思ってた。

それに 煎茶と玉露ってのは、確かに茶葉の摘み取りも違うし 味も全く違うものと分っているのですが、淹れ方によっては、温度の差で 煎茶風に淹れることも玉露風に淹れる事も可能なのです。(正確には違いますよ、(笑))

で このときは水出しの煎茶と玉露を飲んだのですが、、、、、、、

なんと 水で時間をかけて出すと、、、、、

ちゃんと アイス煎茶とアイス玉露が出来るのです。

氷は入れません。

ちゃんと冷たいのに 煎茶と玉露の味がするのです。

要するに氷と冷水で出しても 味の差が分るのです。これは 凄い意外でした。

このやり方だと お茶を淹れるのが下手な人でも 美味しく冷茶が淹れられます。

普通 熱いお茶は温度の管理が難しくて玉露なんて 凄い難しいのです。

これなら 絶対に失敗しませんし。

淹れ方は簡単。氷と水の中に茶葉を入れて冷蔵庫で寝かすだけ。

それに 二煎、三煎と使えますし。これまた 熱いお茶のときは面倒だけど 冷茶のときは 水を入れるだけでいいんですから。

皆様 一度お試しあれ。お勧めですよ。


ブログランキングに登録してみました。
[PR]
by metachai | 2008-08-14 01:30 | 嘉木
line

旺角のやり直しブログ


by metachai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30