めたちゃいブログ

metachai.exblog.jp ブログトップ

おいしゃさん

巷の事件では、妊婦がたらい回しにされ死亡したとか病院が潰れるとか 医療の問題が凄く多くなっている。
この先進国で こういうことが起きるとは、、、、

先日 知り合いのお医者さんと色々話す機会があり 今のこういう問題について聞いてみた。

今の日本では、お医者さんは足りてないの?

すると医者の数自体は足りてるよって。だけど 割合にすると 小児科と産婦人科は足りてないんだって。。。。。。

要するになり手が無いんだって。。。。何故ならないか?

開業するのに費用がかかりすぎる。。。。それに 医者といっても24時間営業みたいなもんだから 他の医者に比べて大変だから。
それと 一番の問題は、保障のリスクが高いと。。。。。
産婦人科だと もし医療過誤があった場合 母子ともに二人の責任を負わなくてはいけなくなる。それに 保障期間が赤ちゃんのときから発生するので 長期間になり 保障金額が莫大になる。小児科も一緒。。。。
知り合いの看護婦さんから聞いた話だけど、今のお医者さんは、そういう医療過誤の保険に入ってるのだけど その保険費用が凄くて給料無いよって。。。。(笑)
お医者さんで開業するのは大変だから もう雇われ医者でいいやって思ってるお医者さんも多いんだって。開業すると このご時世では、色々大変なことが多いんだって。
昔のように儲かる保障もないし、、、、、やっぱお医者さんだって お客さん商売だからって。
人柄とかで売り上げも違うんだって。 マジか?(笑)

今は そういう責任逃れで 外科医も少ないし、、、、麻酔医も少ないんだって。

反対に 責任の無い カウンセリングをするだけの精神科医とか歯医者(医者じゃない?)とか眼科とかが増えつつあるのだ。皆さん 医療過誤を恐れてるのだ。

それに 都市集中の問題もあるし、、、、これは医者の意思の問題だね。

それに医者の報酬も問題も、、、、

まあ アメリカのように国の医療保険がない国の問題ほどは 日本は問題にはなってないけど
今後は その可能性も無きにしも非ず。。。。。

今の日本の一番の問題は、訴訟社会になりつつあるのが問題みたい、、、

これって 今の世の中の動きに連動してるよね。

私が思うに、ERが無いとか医療過誤があるとか言いすぎなんだよ。
そんな 理不尽なことばっか言ってるから 誰も医者になろうとしなくなったんじゃない。
確かに 完全に医者のほうが悪い医療過誤もあるだろうけど そうでない事ばっかりに話が行って 責任の追求しすぎになってるんじゃないかな?
自分で自分の首を絞めてるって。。。。。今後も医者は増えないかもね、必要な医者は。

TV番組のERとかを見てても 誤診とか結構あるけど 思うけど 人間のすることだからしょうがないんじゃない?って感じるのだ。 もし自分がその誤診に当たったら それは不運だったとあきらめるしかないって。。。。。。。
そうじゃなきゃ 医者になる人なんて これからいなくなるよ。
[PR]
by metachai | 2008-10-28 13:15 | 日記
line

旺角のやり直しブログ


by metachai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31