めたちゃいブログ

metachai.exblog.jp ブログトップ

2007年 11月 24日 ( 1 )

ミシュラン

さて とうとうミシュラン東京が発売されましたね。
って まだ読んでないけど。(笑) それに 東京とかの大手本屋では売り切れの店も出たとか、3つ星の店は 予約も全く取れないとか、、、、、凄い反響ですね。

これで ミシュラン東京は大成功って感じなのでしょうね。
最初 ミシュランが海外で出るって聞いたときから かなり眉唾だったのですがね、要するに 海外のミシュランは 最初から評価本としてではなく ガイドブックとして大量に販売するという目的の元に出版されたのでしょう。フランス国内でも 最近では評価が疑問視されたり 星を返上されたり 売上も落ちてたので 海外に広げる戦略に出たのです。
元々 フランスでも少し前はゴーミヨーとかのライバルとかもあったのですが、今ではある意味 一人勝ちの状態ではあるけど だんだんとミシュランというもの自体がジリ貧な状態になってるのです。元々 覆面捜査が基本とか 複数回は訪問するとか 客一人に対してサービスは何人だとか トイレのホスピタリティだとか 席数の事だとか、様々な規格があったはずですが、そういうのが 全く無視されてる状態で 何を基準に星を取るか分からない状態です。フォークの数とかでも表してますが、、、、
星の数ってホント抽象的なんですよ。
3つ星は 旅行に行ってまで行く価値がある店とか、2つ星は 遠回りしても行く価値があるとか、、、1つ星は、スキルが必要とか、2つ星にはいい素材が必要とか、3つ星には、哲学が必要とか、、、、(笑)
でも 私の思う基本は 3つ星にいくには 大量のお金が必要!ってことぐらいかな。
東京以前に発売されたNYの内容も酷いものだしね。海外でこれをやるには無理がある。
大体 フランス人に和食が分かるわけが無い。それに 5人の調査員で15000軒の店を複数回訪問は不可能だし。それに 5人でこれを評価するのが 大体無理。
多分 ミシュランもこのことは、わかってたと思うし、、、、
だから 最初から評価本ではなくガイド本にしようとしてたのだと思う。
元々 ミシュランは文字しか書いてない本なのに 東京では 全ての店の写真入りだそうです。(見てないから)
だから ガイドブックとしてはいいのが出来たのではないでしょうか。
東京は店が多すぎて どこ行っていいか分からないし、便利かも。

元々 味なんて個人の嗜好だし、こんなお金を持った人しか行けない店が3つ星ってのが気に入らない。これは 美味しいから3つ星ではないって言ってるようなもんだし。
お金だって、味覚だって その人にあった3つ星があるはずなのでよ。
それを 高額だから3つ星だなんて 今の時代にはナンセンスだろうな。
凄い 流行ってる店だからって3つ星にはなれないし、、、よく意味分かんない。
日本中から愛されてる店がホントは3つ星かもしれないし、、、、

まあ ブランドダイスキ な日本人には このミシュランはとっても向いてるのかもしれないけど。
大体考えてもみてよ。吉兆のように 高額な店でまがい物を食べさせられても 分かんない金持ちには、何食わせても一緒なんだよ。


ブログランキングに登録してみました。
[PR]
by metachai | 2007-11-24 00:01 | レストラン
line

旺角のやり直しブログ


by metachai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー