めたちゃいブログ

metachai.exblog.jp ブログトップ

2008年 02月 26日 ( 1 )

鍋奉行@牛車水

北京に行くと 色々鍋を食べる。
羊のシャブシャブ、火鍋など、、、、、これらは 割と庶民的な値段で 普通の店で食べられるのですが、その店特有の出汁(スープ)とかを持ってる店は 庶民的な店ではなくて ほとんどの場合は個室で、鍋奉行が一人付く。。。。。
だから 普通のレストランとかより値段がカナリ高い。単に鍋に入れる素材を少量だけ(調理してない)なのに、、、、
今回行ったのは、多分ガイドブックにもネットにも載ってない店。
本店は望京の住宅街にあって その本店の息子がやっている店で 三里屯にある。
入店すると なんかオカシイ。。。。
西洋のクラブみたいな造り、、、クラブでかかるような音楽がかかってて 内装も凄いスノッブです。これ見て 鍋屋だとは 100%分らないと思う。
すぐ従業員が4人 私達を部屋に案内して 部屋の空調や用意をしてくれる。。。。
いたれりつくせりである。。。。(人多すぎ、、、、)
ちなみに誰も英語を話せないので コミュニュケーション取れません。(笑)
だけど ボディランゲージで なんとかオーダーをする。

この店の特徴は アワビベースのスープです。


d0133047_2157589.jpg


まず このスープを お椀に注いでくれて 飲めと言う、、、美味しい。。。。
いつも 思うのだが、北京の鍋屋のスープの出汁は、凄い旨いのですが、どういう出汁か分らない。。。。。家で再現しようもないと言う感じ。


d0133047_2235362.jpg



付き出し。

小部屋に 私達二人と女の子一人(鍋奉行)、、、、、なんか凄い気まずい。。。。。(笑)
言葉は通じないけど 凄い気の届いたサービスである。


d0133047_2262932.jpg


エビである。。。串刺しである。。。。
こういう高額品は 1匹単位でオーダー。


d0133047_2273228.jpg



ジャストで鍋奉行が上げてくれる。
そして エビの皮剥き隊がやってきて 速やかにエビの皮を剥いて、再び鍋に入れて 火を通し器に入れてくれる。
ここでは 自分の箸を鍋に突っ込むことはありえないのである。。。。完璧なる鍋奉行なのである。。。。。。。


d0133047_22104043.jpg



アワビである。。。。。でも小さいからトコブシだなぁ。。。。
こんなの初めて、、、、でも 美味しい。。。


d0133047_22123188.jpg


キクラゲ。


d0133047_2213511.jpg


豆苗。


d0133047_22135075.jpg


豚の団子。美味しい~。


d0133047_2214226.jpg


イカとクワイの団子。クワイが主でイカをつなぎに使ってる感じ。クワイのシャキシャキ感がいい感じ。


d0133047_2216863.jpg



そして 〆の麺。
手延べのほうれん草を練りこんだ麺です。
1本づつその場で伸ばしてスープに入れていきます。


d0133047_22182525.jpg



そして 辛いタレをかけてくれます。。。。

これ 絶品です。
こんなバランスのいいタレは初めてです。。。。
このタレ 買って帰りたかった。。。。。。坦坦麺みたいなのかな。。。。

最後に麺を頼まなかったら ご飯をスープに入れて雑炊にしてくれるんだって。それも食べたかった。。。。残念。。。絶対 美味しいと思う。。。


d0133047_22211227.jpg



そして 最後はお決まりのフルーツ。
でも 下ほうのオレンジ色のは 何故かカボチャ、、、、(笑)
キュウリも人参も入ってる。。。
それに 上にかかってる クリーム色のは マヨネーズ。。。。。。。。。。。(笑)


これと 腸詰とビールとコーラで〆て 400元。
量的には 普通だと思うけど、、、やっぱ北京では かなり高いと思う。
でも また行きたい店です。



ブログランキングに登録してみました。
[PR]
by metachai | 2008-02-26 00:01 | 北京
line

旺角のやり直しブログ


by metachai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー