めたちゃいブログ

metachai.exblog.jp ブログトップ

2008年 08月 06日 ( 2 )

最近のお気に入り

ここ数日 私の頭の中をグルグル回っているものがある。。。。。。。

先週は ポニョだったけど、、、、

それは、 これ


PVとしては まあ ダサいけど メロディもいかにもって作りだけど でも こういう オリンピックのテーマとしては 王道 かなと。

私は、中国のスターとか全く知らないし、中国語も全くだけど 片言の漢字を フーンって感じで 納得してみたりして なんか凄く楽しく聞いている。

ネットで色々調べると 歌詞も歌手の事も 色々出てるし 結構楽しい。

映像にも 自分の知ってる場所とかもたくさん出てるし、、、、、

北京オリンピック もうすぐですね。。。。。。



ブログランキングに登録してみました。
[PR]
by metachai | 2008-08-06 13:23 | 北京

記憶に残るもの、、、、

このところ 私の好きな人が、続いて死んだ。

と言っても まあ実害がある訳でもないが、、、、、
赤塚不二夫さんが死んじゃったのと ソルジェニーツィエンが死んじゃったこと。

赤塚不二夫さんの天才バカボンは、大好きだった。尊敬してた。。。。。。。
凄い面白かった。。。。。記憶にちゃんと残ってる。コミックも持ってた。

全くジャンルは違うが、ソルジェニーツィンも 私が近年の読んだ小説の中で 最後までちゃんと記憶に残ってる。
ガン病棟とか収容所の話など 結構細部まで記憶してる。
普通の小説って 感動しても 何年か経ったら最後までストーリーさえ覚えてないでしょ。映画にしても、、、、、、
私だってそう・・・・・・・
だけど このソルジェニーツィエンの小説は なんと ほとんど どの小説も最後まで覚えてるのだ。
純文学って 私の中では、切ないものってのが定義なんだけど。
この小説たちも やっぱ 切ない、、、、、、、、、、、、、、、

でも ちゃんと最後まで覚えてるのってのが凄いと感じる。
なにか ちゃんと訴えるものがあるからだと思うし、どうにもならない この世の摂理みたいなもんを 訴えたかったのだろうと感じる。まあ 彼にとっては、その小説は、自分の体験談みたいなものだから 説得力を感じるのだと思うけど。

その当時 何故か ノーベル賞受賞作家ばっかり読んでたときだったのだけど、中国関係のものとかも これと同じようなのもあるのだけど それはどうしても歴史小説っぽくなっちゃうし、、、まあ 読んでてそのほうが楽しいし面白いのだけど それはどうも現実っぽくなし 想像の話っぽいから、、、、、そんなのは やっぱ心には響かないのであろう。。。。。。
やっぱり小説の域を出ないのかなぁ、、、、、
まあ ドキュメンタリーと小説は違うし、、、、
この辺のところは 私には分らないけど、、、、、

私の中で 凄い重要な事は、 記憶に残るって事なのだ。。。。。。
それは 食べ物(料理)でも 本でも映画でも。
それが 良くても悪くても ちゃんと最後(全て)まで記憶できてるか、、、、、
これが 出来てると それは私の中で それなりに いいものとして認識される。
それ以外は 単に経験ってことになる。

でも この記憶に残るってのは 私の中では 凄い重要。




ブログランキングに登録してみました。
[PR]
by metachai | 2008-08-06 00:01 | 日記
line

旺角のやり直しブログ


by metachai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー